リピ確定☆ダイソーのエスポルールカラーアイライナー

アイメイクの中で、絶大なパワーを発揮するのがアイライナーです。筆ペン、ジェルライナー、フェルトペンタイプなど様々な形態がありますが、目の形やメイクの仕方によって選ぶものも変わってきますよね。筆者も過去にいろいろな商品を試して「使ってみたら液の量の調節が難しく綺麗なラインにならない」「意外となめらかなラインが描けない」なんてことが度々あり、お気に入りに出会える確率は低めです。今回は、200円で買えて、「優秀」と評判のダイソー”エスポルールカラーアイライナー”をチェックしてみました☆

エスポルール カラーアイライナーって?

ダイソー エスポルール カラーアイライナー
ダイソー エスポルールカラーアイライナー: 各216円(税込)<ブラック>

カラーは、ブラック・ダークブラウン・ライトブラウン・ブルーの4色展開でウォータープルーフアイライナーです。さらにお湯で簡単オフという他のプチプラコスメにも引けをとらない機能性もあるようです。

ダイソー エスポルール カラーアイライナー

フェルトペンタイプなので筆先はやや硬めです。キャップもカチッとしっかり閉まります。

試し描きしてみました。艶のある発色で、ペン先は十分に細いのでまつ毛の間を埋めるのにも活躍してくれそう。筆先はしならないのですがある程度の太さの調節はできそうです。

使い始めで液の出が良いのか、少しにじみましたが気になるほどではありません。

ダイソー エスポルール カラーアイライナー

同じフェルトペンタイプのアイライナー、デジャヴのラスティングファインフェルトリキッドアイライナーとペン先を比べてみると、エスポルールカラーアイライナーの方が大分太めですね。

ダイソー エスポルール カラーアイライナー
左)エスポルール 右)デジャヴ

耐久性チェック

水で流しながら軽めにこすってみましたが全く落ちません。

ダイソー エスポルール カラーアイライナー

かなり強めにこすって少しとれました。

ダイソー エスポルール カラーアイライナー

この後、40度程度のお湯に切り替えてみると強めにこすって8割くらい落ちました。場合によってはお湯だけでは完全に落ちないくらい耐久性が良さそうです。最終的にクレンジング+お湯なら綺麗に落ちました!

アイラインをひいてみた

ダイソー エスポルール カラーアイライナー

いやなニオイもないし、他のプチプラコスメ同様に普通に使えます!アイライナーはまつ毛の隙間をうめるようにやや細めに入れる程度なので普段使いにちょうどよいです。ただフェルトペンタイプなので筆ペンタイプより目尻のラインは少々描きにくく、何度か描き直しました。液の出もよくしっかり発色するので使っていてとても200円とは思えなかったです。

一日、アクティブに過ごしましたが夜お風呂にはいるまで崩れることもなく、綺麗なラインをキープしていました。

まとめ

100円ショップの商品とは思えないほどのクオリティーに驚きました!汗水に強いのでこの季節のメイクにももってこいです。使い終わったらリピート購入したいと思います。「カラーアイライナー」という商品名ですが普段メイクにもとりいれやすい4色なのでぜひ試してみてください。


肌ストレス溜めてない?いつものスキンケアにプラスするだけ[PR]

※記事の内容は公開時時点での情報です。また個人的な感想であり、効果を保証するものではございません。

前へ

アルミホイル不要で面倒削減☆ネイルオフカバーで楽ちんジェルオフ【セリア】

次へ

イニスフリーのシリコンフィンガーチップで小鼻ケアしてみた。