やわらかパーマをキレイに出すコツって?

パーマをかけたけど「2・3日ですぐに落ちてしまった」「全くカールがでない」「パーマがかからない髪質だからあきらめている」という声をよくききます。私も以前にパーマをかけた時に同じようなことを思った経験があります。今はパーマヘアですがスタイリング方法や、新しいスタイリング剤を使用することでしっかりカールがでるようになりました。今回はやわらかパーマを出す方法について、美容師さんにアドバイスをもらいながら実践してみたことを書いてみたいと思います。

※今回内容はコールドパーマ(ベーシックパーマ)のケースですのでデジタルパーマの場合は除きます。

乾かす時は、ドライヤーの風をなるべく当てない

ベーシックパーマは濡れた状態の時に、カールが出現します。ドライヤーをいつもどおりにあてると熱と風でそのカールが伸びてしまうのです。かといってお風呂上がりに濡れた髪のまま寝ると髪が傷んでしまうのでそれもおすすめできません。私は濡れた髪にオイルを少量つけ、ドライヤーの風量「弱」で乾かしています。もし寝るまでに時間があるなら、オイルをつけて、髪の根元の方だけ集中的にドライヤーをあてておき、あとは自然乾燥でも問題ないと思います。ドライヤーの先端に取り付けられる、温風拡散器を使って優しい風を作るのもいいかもしれません。

朝のスタイリングは濡らして一旦リセット

寝る前に丁寧に乾かせた時はさほど寝癖がついていないので、霧吹きを使って全体的に水でほんのり濡らします。その後、弱風のドライヤーでざっくり乾かしてから、ヘアスタイリング剤をつけます。

寝癖がひどい時はシャワーで根元まで完全に濡らしてやり直しします(笑)寝癖はどうしても直らないですから…もう、そのほうが早いです。

出したいボリュームで調整

自然乾燥させるのが一番カールがキレイに出るので、パーマをかけたのにどうしてもカールが出ない!と思っている方は一度試してみるのもよいかもです。全部自然乾燥にすると時間もかかりますから弱ドライヤーを使うことでボリュームを調整しつつスタイリングするやり方がおすすめです。

質感で選ぼう!おすすめスタイリング剤

ザ・プロダクト ヘアワックス 42g

人気爆発中で品薄のようですが、ウェットな質感はProductがおすすめです。適度な束感も出るし、手のひらで綺麗に伸びるので使いやすいです。定価1900円程度でヘアスタイリング剤としては高額ですが、それだけの価値があると思います…さりげないマンダリンオレンジの香りも人気の理由じゃないでしょうか。

・cocuu

セフティ COCUU (コキュウ) メロウバーム 50g

コキュウは髪の補修もしてくれるワックスなんだそう。Productと似ているけど、ツヤ感はあまりなく、ナチュラルだけどしっかりとしたスタイリングができます。ただ手のひらでよーく伸ばさないとつぶつぶ感が残ってしまうので注意。ハンドクリーム、リップバームにも使えるのも嬉しい。

・マシェリ ヘアジュレ(ゆるふわウェーブ)

マシェリ ヘアジュレ (ゆるふわウエーブ) スタイリングジェル 100g

定番マシェリ。こちらは毛束感よりふんわり感を出したい時に使用しています。この低価格なのに、少量でもふんわりウェーブをつくってくれるので重宝しています。マシェリならではの良い香りも気にいっています。

最後に

スタイリング剤をかえてみるだけでもパーマの再現率はだいぶ変わるはず。今、パーマの種類もいろいろあるので、なりたいスタイルと髪質を相談したら、的確な提案をしてくれる美容師さんに出会えるのが一番ありがたいですよね。個人的な実践法をまとめてみましたが、パーマヘアのスタイリングについて参考になれば幸いです。


肌ストレス溜めてない?いつものスキンケアにプラスするだけ[PR]

※記事の内容は公開時時点での情報です。また個人的な感想であり、効果を保証するものではございません。

前へ

ふんわり血色感キープ!キャンドゥのジェルクリームチーク

次へ

100円美容家電!電動ネイルケアのリアルな感想【ダイソー】